USERNAME

文学を体験する空間「世田谷文学館」


子ども文学館

博物館は、くらくて、せまくて、むずかしいだけ・・・って、思っていたあなた!子ども文学館は、元気いっぱい、楽しいプログラムがいっぱいの、あなたにぴったりの文学館です。 リーダーには、詩や歌が得意な作家さんのほかに、ダンサーさんと画家さん、写真家さんと音楽家さん、そして、落語家さんもいます。また、植物観察や野外活動が得意なリーダーもいます。からだとあたまをダイナミックにつかって、心を大きくふるわせましょう!感じることを楽しみましょう!そして、ことばで気持ちをつたえてみましょう! 子ども文学館は、世田谷文学館と学校、そして屋外や地域で活動しています。「いつでも」、「どこでも」、「だれとでも」楽しめる、文学館活動です。

上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展関連企画

バルサの食卓 対談(食のことば)

2016.06.11

〈守り人〉シリーズに登場する食事は、物語の魅力のひとつでもあります。「食」に造詣の深いおふたりをお招きして、物語における食事や食文化について大いに語っていただきます。

[出演] 平松洋子(エッセイスト)、西村淳(「南極」料理人・作家)

[日時] 6月11日(土)14:00~15:30

[申込方法]
5月28日(必着)までに往復ハガキ(1イベントにつき1枚)にて、①イベント名・開催日(「バルサの食卓 対談」・6月11日開催)、②参加者全員の氏名③代表者の住所・電話番号を明記のうえ、下記宛先まで。返信用にも代表者の住所・氏名をご記入ください。応募者多数の場合は抽選となります。結果は締切後、返信ハガキでお知らせします。
[宛先]
157-0062 世田谷区南烏山1-10-10 世田谷文学館「上橋菜穂子展イベント」係

[会場] 1階文学サロン

[定員] 事前申込150名

[対象] 一般

[参加費] 500円(18歳以下無料)

上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展関連企画

バルサの食卓 現代編(猟師のことば)

2016.06.12

『精霊の守り人』の用心棒・バルサは、戦いながら旅を続けるスーパーウーマン。彼女の肉体を支えているのは、山中で食する食材です!バルサも食べた「干し肉」の作り方や猟の仕方など、生きる力にあふれる「猟師のくらし」を、千松さんにうかがいます。

[出演] 千松信也(猟師・作家)

[日時] 6月12日(日)14:00~15:30

[申込方法]
5月29日(必着)までに往復ハガキ(1イベントにつき1枚)にて、①イベント名・開催日(「バルサの食卓 現代編」・6月12日開催)、②参加者全員の氏名③代表者の住所・電話番号を明記のうえ、下記宛先まで。返信用にも代表者の住所・氏名をご記入ください。応募者多数の場合は抽選となります。結果は締切後、返信ハガキでお知らせします。
[宛先]
157-0062 世田谷区南烏山1-10-10 世田谷文学館「上橋菜穂子展イベント」係

[会場] 1階文学サロン

[定員] 事前申込150名

[対象] どなたでも(小学生以上)

[参加費] 無料

上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展関連企画

春ボラ 用心棒(ボランティアスタッフ)募集中!

2016.04.23~2016.06.12

展覧会会期中に開催されるイベントのボランティアスタッフを募集します。講座の事前準備や当日の講師のご案内、会場整理などを無事遂行させる〝用心棒″として一緒に活動を盛り上げましょう!

[申込方法]
日時内容等の詳細・申込・打合は、Eメール(kodomo★setabun.or.jp ★を@に替えて入力してください)でお問い合わせくだい。

[対象] 中学生・高校生・大学生(事前登録制)


page top