USERNAME

文学を体験する空間「世田谷文学館」


開催中の企画展


生誕100年 映画監督・小林正樹


2016年7月16日(土)~9月15日(木)

[会場]
世田谷文学館2階展示室
[休館日]
毎週月曜日(ただし7月18日は開館し、翌19日は休館)
[観覧料]
一般=800(640)円
高校・大学生・65歳以上=600(480)円
小・中学生=300(240)円
※7月22日(金)は65歳以上無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳をお持ちの方は400円。介添え者(1名まで)は無料
※障害者手帳をお持ちの方で大学生以下は無料
「せたがやアーツカード」割引あり

[主催]
公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館
[特別協力]
一般社団法人小林正樹監督遺託業務世話人会・芸游会
[後援]
世田谷区、世田谷区教育委員会
[助成]
芸術文化振興基金
・交通案内 詳細情報はこちら


概要

写真提供:芸游会
生かされた命、
亡き人々への責務、
世界を驚かせた
その全仕事!!!!!


『人間の條件』『切腹』『怪談』『化石』『東京裁判』などで知られる世界的巨匠・小林正樹(こばやし・まさき 1916~1996)。生誕100年・没後20年にあたり、その生涯と全仕事を小林監督旧蔵の膨大な作品資料などで振り返ります。
戦争当事者として、被害者でありながら加害者である日本人の二重性を深く見つめた小林作品の重要性は、戦後70年を経てますます高まっています。初公開の手記など貴重な自筆資料も交え、敬愛する師・會津八一との交流や戦争体験によって培われた、小林正樹の揺るぎない信念と美の根源に迫ります。

関連企画

35mmフィルム上映
7/16(土)『この広い空のどこかに』【終了しました】
7/23(土)『怪談』【終了しました】
7/30(土)『東京裁判』【終了しました】
8/7(日)『切腹』【終了しました】

夏ボラ 映画人募集中!
イベントのボランティアスタッフを募集します。イベントの準備や会場整理などをお願いします。映画が好きな人、見せることに興味のある人集まれ!(対象:中学・高校生)【終了しました】


関連展示

資料が語る戦争の記憶

「生誕100年 映画監督・小林正樹」展の関連展示として、日本人の戦中・戦後の体験を実物資料とパネルでご紹介いたします。家族を残して危険な戦地に向かい戦務に従事した兵士たち、戦争終結後もシベリアをはじめとする旧ソ連やモンゴルの酷寒の地で強制労働に従事させられた抑留者たち、敗戦によって外地での生活のよりどころを失い過酷な状況をくぐり抜けて祖国に戻った人々。そうした人々の体験を、実際の資料を通して感じとっていただければ幸いです。
[会期]
2016年8月9日(火)~9月15日(木)
[会場]
世田谷文学館1階文学サロン
[観覧料]
無料
[協力]
平和祈念展示資料館

関連イベント
戦争の語り部 お話し会
戦争での出来事を体験者が語ります。子どもから大人までご参加いただけます。
[日時・講師]
8月28日(日) 鈴木忠典(元兵士)
9月4日(日) 遠藤尚次(抑留体験者)
各日14:00~15:00
[会場]
世田谷文学館1階文学サロン
[参加費]
無料
[定員]
100名(当日先着順)

写真/おむつで作った子ども用ワンピース
満州(現・中国東北部)で生まれた娘に、初めて日本についたときに着せるため、亡くなった赤ん坊のおむつを使って母親が作ったワンピース。

page top