setabun1203

文学を体験する空間「世田谷文学館」


イベント一覧


2019.08.09

どこでも文学館2019

ワークショップ「だれでも製本家~本の形に仕立てよう~」

大きな紙を折って、切って、針と糸で本を綴じよう!


2019.07.20~2019.07.28

原田治 展 関連企画

ポップアップストア

オサムグッズコレクターの土井章史さん(トムズボックス)がコレクションを“みせびらかし”、トレード、ときには販売するスペシャル企画。お家にひっそり眠っているOSAMU GOODS(DUSTY MILLER製)や、秘蔵の一品がありましたら、ぜひ“みせびらかし”にきてください。


2019.08.03

吉田篤弘の〈ロンリー・ハーツ読書倶楽部〉第1回

作家の吉田篤弘さんの新たな試みがスタートします!
毎回1冊、自著を取り上げ、その作品の背景や、知られざるエピソードなどを著者自らが語るシリーズ企画です。
記念すべき第1回は、先ごろ平凡社より復刊されたデビュー作、『フィンガーボウルの話のつづき』です。


2019.08.22

どこでも文学館2019

ワークショップ「 ことばとからだ ~からだで表現しよう~」

ダンサーさんと一緒に、自由に体を動かして身体表現を楽しむプログラムです。
みんなで協力して夏休みの思い出を作ろう!
※昼食・水筒をご持参ください。


2019.08.27

どこでも文学館2019

ワークショップ「ネイチャーコラージュ ~自然素材に親しもう~」

木の実や小枝など自然素材を用いて、誰でもオブジェを制作できるプログラムです。想像力を膨らませて自由に立体作品を作ろう! 


2019.08.27

どこでも文学館2019

「中学生ボランティア募集!」

8/27実施のワークショップ「ネイチャーコラージュ」の会場設営や参加者の作品制作をサポートしよう!※水筒をご持参ください。(軽食付き)


2019.08.20~2019.09.06

第6回 世田谷区芸術アワード 飛翔

文学部門 作品募集

世田谷区及び公益財団法人せたがや文化財団では、若手アーティストの多彩な文化・芸術活動の支援を目的に芸術賞「世田谷区芸術アワード“飛翔”」を実施します。
世田谷のそれぞれの芸術分野の特性を活かし、〈生活デザイン〉〈舞台・芸術〉〈音楽〉〈美術〉〈文学〉の5つの部門を募集します。
受賞者には賞金を交付し、翌2020年度に、区内の施設等において作品等を発表していただきます。
※芸術アワード全体に関しては、下記のアワード事務局へお問い合わせください


2019.09.07~2019.09.08

どこでも文学館2019

ワークショップ「だれでも小説家 ~ショートショートを書こう~ 」

小説を書いたことがなくても、テキストを参考にして、ショートショート作品が誰でも書けるようになるプログラムです。
発想を爆発させて、あっと驚く短編小説に仕上げよう!
(※参加者は、9月16日の補講に参加できます。また、作品は第7回日経「星新一賞」への応募も可能です。)


2019.08.25

原田治 展 関連イベント

トークイベント

原田治が先輩と呼び慕った盟友、アートディレクターの新谷雅弘さんをお招きして、お話をうかがいます。安西水丸、ペーター佐藤らとともに結成したパレットクラブのことや、共著の制作秘話など、貴重なエピソードを語っていただきます。


2019.09.14

原田治 展 関連イベント

活弁付き映画上映会

原田治の祖父、映画監督の二川文太郎の代表作にして、剣戟映画の原点ともいわれる『雄呂血』(無声映画)の活弁付き上映会です。




Select Language
>閉じる