setabun1203

文学を体験する空間「世田谷文学館」


イベント一覧

どこでも文学館2019

ワークショップ「だれでも製本家~本の形に仕立てよう~」

2019.08.09

大きな紙を折って、切って、針と糸で本を綴じよう!

[講師]
佐藤真紀(ブックバインダー)、中野裕子(ブックバインダー)

[日時] 8月9日(金)13:30~16:00

[申込方法]
往復はがきに次の①~③を記入し、お申込みください。
①イベント名、②参加希望者全員の氏名(ふりがな)・学年、③ご連絡先(住所・電話番号)
応募者多数の場合は抽選となります。結果は締切後、返信ハガキでお知らせします。

[宛先]
157-0062 世田谷区南烏山1-10-10 世田谷文学館「どこでも文学館」係

[会場] 奥沢区民センター 第1会議室 (奥沢3‐47‐8)

[定員] 抽選20組

[対象] どなたでも(保護者同伴可)

[参加費] 無料

[その他] 助成:平成31年度 文化庁 地域の博物館を中核としたクラスター形成事業

原田治 展 関連企画

ポップアップストア

2019.07.20~2019.07.28

オサムグッズコレクターの土井章史さん(トムズボックス)がコレクションを“みせびらかし”、トレード、ときには販売するスペシャル企画。お家にひっそり眠っているOSAMU GOODS(DUSTY MILLER製)や、秘蔵の一品がありましたら、ぜひ“みせびらかし”にきてください。

※どなたでもご観覧いただけます。トレードならびに購入については、当日会場にておたずねください。

[日時] 7月20日(土)・28日(日)各日11:00~17:00

[会場] 当館1階文学サロン

[参加費] 無料

吉田篤弘の〈ロンリー・ハーツ読書倶楽部〉第1回

2019.08.03

作家の吉田篤弘さんの新たな試みがスタートします!
毎回1冊、自著を取り上げ、その作品の背景や、知られざるエピソードなどを著者自らが語るシリーズ企画です。
記念すべき第1回は、先ごろ平凡社より復刊されたデビュー作、『フィンガーボウルの話のつづき』です。

[参加していただくためには]
当日までに、『フィンガーボウルの話のつづき』をお読みいただいた上で参加してください。

[事前に質問を募ります]
『フィンガーボウルの話のつづき』に関する質問を事前に募ります。lonelyheartsdokushoclub★gmail.com(★を@にかえてください)までEメールにてお送りください。なお、すべての質問にはお答えできない場合がありますので、予めご了承ください。

[出演] 吉田篤弘(作家)

[日時] 8月3日(土)15:00~17:00

[申込方法]
本イベントは、オンラインでの事前申込制(先着60名)です。
2019年7月18日正午より、こちらのサイトからチケットのお申込みが可能となります。

[会場] 当館2階講義室

[定員] 先着60名

[参加費] 500円(当日徴収)

[その他] イベント当日のご案内
14:00~ 受付及び入場開始(お名前を仰ってください。参加費を徴収し、受付順にご入場いただきます。)
15:00~ イベント開始

どこでも文学館2019

ワークショップ「 ことばとからだ ~からだで表現しよう~」

2019.08.22

ダンサーさんと一緒に、自由に体を動かして身体表現を楽しむプログラムです。
みんなで協力して夏休みの思い出を作ろう!
※昼食・水筒をご持参ください。

[出演] 日本女子体育大学ダンス・プロデュース研究部(主将:小野塚茉央)

[日時] 8月22日(木)10:30~15:30

[申込方法]
往復はがきに次の①~③を記入し、お申込みください。
①イベント名、②参加希望者全員の氏名(ふりがな)・学年、③ご連絡先(住所・電話番号)
応募者多数の場合は抽選となります。結果は締切後、返信ハガキでお知らせします。

[宛先]
157-0062 世田谷区南烏山1-10-10 世田谷文学館「どこでも文学館」係

[会場] 当館1階 文学サロン

[定員] 抽選30名

[対象] 小学生(保護者同伴不可)

[参加費] 無料

[その他] 助成:平成31年度 文化庁 地域の博物館を中核としたクラスター形成事業

どこでも文学館2019

ワークショップ「ネイチャーコラージュ ~自然素材に親しもう~」

2019.08.27

木の実や小枝など自然素材を用いて、誰でもオブジェを制作できるプログラムです。想像力を膨らませて自由に立体作品を作ろう! 

[講師]
須藤正男(日本シェアリングネイチャー ゲームリーダー)

[日時] 8月27日(火)13:00~16:00

[申込方法]
往復はがきに次の①~③を記入し、お申込みください。
①イベント名、②参加希望者全員の氏名(ふりがな)・学年、③ご連絡先(住所・電話番号)
応募者多数の場合は抽選となります。結果は締切後、返信ハガキでお知らせします。

[宛先]
157-0062 世田谷区南烏山1-10-10 世田谷文学館「どこでも文学館」係

[会場] 桜丘区民センター(桜丘5‐14‐1)

[定員] 抽選20組

[対象] 小学生(1~2年生は保護者同伴)

[参加費] 無料

[その他] 助成:平成31年度 文化庁 地域の博物館を中核としたクラスター形成事業

どこでも文学館2019

「中学生ボランティア募集!」

2019.08.27

8/27実施のワークショップ「ネイチャーコラージュ」の会場設営や参加者の作品制作をサポートしよう!※水筒をご持参ください。(軽食付き)

[日時] 8月27日(火)10:00~17:00

[申込方法]
往復はがきに次の①~③を記入し、お申込みください。
①イベント名、②参加希望者全員の氏名(ふりがな)・学年、③ご連絡先(住所・電話番号)
応募者多数の場合は抽選となります。結果は締切後、返信ハガキでお知らせします。

[宛先]
157-0062 世田谷区南烏山1-10-10 世田谷文学館「どこでも文学館」係

[会場] 桜丘区民センター(桜丘5‐14‐1)

[定員] 抽選5名

[対象] 中学生

[参加費] 無料

[その他] 助成:平成31年度 文化庁 地域の博物館を中核としたクラスター形成事業

第6回 世田谷区芸術アワード 飛翔

文学部門 作品募集

2019.08.20~2019.09.06

世田谷区及び公益財団法人せたがや文化財団では、若手アーティストの多彩な文化・芸術活動の支援を目的に芸術賞「世田谷区芸術アワード“飛翔”」を実施します。
世田谷のそれぞれの芸術分野の特性を活かし、〈生活デザイン〉〈舞台・芸術〉〈音楽〉〈美術〉〈文学〉の5つの部門を募集します。
受賞者には賞金を交付し、翌2020年度に、区内の施設等において作品等を発表していただきます。
※芸術アワード全体に関しては、下記のアワード事務局へお問い合わせください

【募集要項】

募集対象分野
小説、童話、ライトノベル、ショート・ショート、ノンフィクションなど、日本語で書かれたオリジナル作品であればジャンル・テーマは問いません(ただし詩、短歌・俳句等の短詩型文学を除く)

応募期間
2019年8月20日(火)~9月6日(金)消印有効

応募資格
15歳以上35歳以下(2019年4月2日現在)

応募規定
・日本語で書かれた未発表のオリジナル作品
・ワープロソフト使用原稿の場合:400字詰原稿用紙換算で50枚以内。縦書き入力で400字詰原稿用紙換算枚数を作品の終わりに明記し、ページ数(ノンブル)を付けてプリントアウトしたものを送付すること(データ応募不可)
・手書き原稿の場合:400字詰原稿用紙換算で50枚以内。黒のインクまたはボールペンで縦書きで執筆すること
・原稿の前に氏名(筆名の場合は本名も)、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、年齢、職場もしくは活動組織または学校(学部・学科)の名称・住所・電話番号を明記
・封筒のおもてに「芸術アワード作品在中」と明記(朱書き)のうえ、応募期間内に応募先まで郵送してください(持参不可)
※提出物の訂正・差し替え・返却はできません
※提出された情報は本アワードの関連活動のみに使用します

選考
応募作品について世田谷文学館と「外部審査員」が一次審査したうえで、「世田谷区芸術アワード審査会」が受賞者を選考します。
※選考の内容および結果に関するお問い合わせはお受けできません

★世田谷区芸術アワード審査会(順不同、敬称略)
委員長(公財)せたがや文化財団理事長 永井多惠子
委員 世田谷パブリックシアター芸術監督 野村萬斎
委員 音楽事業部音楽監督 池辺晋一郎
委員 世田谷美術館館長 酒井忠康
委員 世田谷文学館館長 菅野昭正
委員 世田谷区副区長 岡田 篤
★外部審査員(敬称略)
青野 聰(小説家)
三田誠広(小説家)


1編 賞金100万円

発表
選考結果は受賞者のみに12月下旬までにお知らせします。
受賞作品は「文芸せたがや」(2020年3月末 世田谷文学館発行)および文学館HPに選評とともに掲載します。
※受賞作の複製権(第一出版権)は、主催者に帰属します

授賞式
2020年1月~2月に世田谷区内で開催予定

主催
世田谷区、公益財団法人せたがや文化財団

応募先・問い合わせ先
世田谷文学館「アワード係」
〒157-0062 東京都世田谷区南烏山1-10-10
TEL 03-5374-9111 FAX 03-5374-9120
URL https://www.setabun.or.jp/

※芸術アワード全体に関するお問い合わせ
世田谷区 文化・芸術振興課「アワード事務局」
〒154-8504 東京都世田谷区世田谷4-21-27 世田谷区役所内
TEL 03-5432-2124 FAX 03-5432-3005 
※本アワードは、文化振興を目的としてお寄せいただいた寄附金を活用し実施しています。寄附金による支援の輪が、才能あふれる若手アーティストの活躍をバックアップし、文化・芸術の振興を支援しています。

どこでも文学館2019

ワークショップ「だれでも小説家 ~ショートショートを書こう~ 」

2019.09.07~2019.09.08

小説を書いたことがなくても、テキストを参考にして、ショートショート作品が誰でも書けるようになるプログラムです。
発想を爆発させて、あっと驚く短編小説に仕上げよう!
(※参加者は、9月16日の補講に参加できます。また、作品は第7回日経「星新一賞」への応募も可能です。)

[講師]
荒居蘭(作家)

[日時] 9月7日(土)13:30~17:00
9月8日(日)13:30~17:00
[補講日]9月16日(月)13:30~16:00

[申込方法]
往復はがきに次の①~③を記入し、お申込みください。
①イベント名、②参加希望者全員の氏名(ふりがな)・学年、③ご連絡先(住所・電話番号)
応募者多数の場合は抽選となります。結果は締切後、返信ハガキでお知らせします。

[宛先]
157-0062 世田谷区南烏山1-10-10 世田谷文学館「どこでも文学館」係

[会場] 当館2階 講義室

[定員] 抽選30名

[対象] 小学5年生~中学生(保護者同伴不可)

[参加費] 無料

[その他] 助成:平成31年度 文化庁 地域の博物館を中核としたクラスター形成事業

原田治 展 関連イベント

トークイベント

2019.08.25

原田治が先輩と呼び慕った盟友、アートディレクターの新谷雅弘さんをお招きして、お話をうかがいます。安西水丸、ペーター佐藤らとともに結成したパレットクラブのことや、共著の制作秘話など、貴重なエピソードを語っていただきます。

[出演] 新谷雅弘(アートディレクター)
[聞き手]信濃八太郎(イラストレーター)

[日時] 8月25日(日)15:00~16:30

[申込方法]
本イベントは、オンラインでの事前申込制(先着150名)です。
2019年7月13日正午より、こちらのサイトからチケットのお申込みが可能となります。

[会場] 当館1階文学サロン

[定員] 先着150名

[参加費] 500円(当日徴収)

[その他] イベント当日のご案内
13:00~ 受付開始(お名前を仰ってください。参加費を徴収いたします。)
14:30~ 開場(受付時にお渡しする領収書に記された番号順にご案内します。)
15:00~ イベント開始

原田治 展 関連イベント

活弁付き映画上映会

2019.09.14

原田治の祖父、映画監督の二川文太郎の代表作にして、剣戟映画の原点ともいわれる『雄呂血』(無声映画)の活弁付き上映会です。
[上映作品]『雄呂血(おろち)』1925年/阪妻プロ/約80分/サイレント 監督:二川文太郎 出演:阪東妻三郎ほか
[弁士]澤登翠

[日時] 9月14日(土)15:00~

[申込方法]
事前申込は不要です。当日13:00より会場前にて入場券を販売します。

[会場] 当館1階文学サロン

[定員] 先着150名

[参加費] 1,000円 ※保護者の膝の上に座れるお子様は無料ですが、座席を必要なお子様は有料です。


page top


Select Language