USERNAME

文学を体験する空間「世田谷文学館」


次回の企画展


筒井康隆 展


2018年10月6日(土)~12月9日(日)

[会場]
世田谷文学館 2階展示室
[休館日]
月曜日
※ただし10月8日(月・祝)は開館し、翌9日(火)は休館します。
[料金]
一般=800(640)円
65歳以上、高校・大学生=600(480)円
障害者手帳をお持ちの方=400(320)円
中学生以下=300(240)円
※( )内は20名以上の団体料金
10月12日(金)は65歳以上無料
「せたがやアーツカード」割引あり
※障害者手帳をお持ちの方の介添者(1名まで)は無料
[主催]
公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館
・交通案内 詳細情報はこちら


概要

『時をかける少女』『七瀬ふたたび』『虚人たち』『虚航船団』『旅のラゴス』『残像に口紅を』『文学部唯野教授』『モナドの領域』…、エンターテインメントと純文学の垣根を自由に越境、常に読者を驚かせ、魅了し続ける作家・筒井康隆。既存の文学・概念をぶち壊し、その文学を形容することばを探しても、並べたその先から陳腐化してしまう、完全降伏せざるを得ない唯一無二の存在です。2018年、世田谷文学館は現代文学最高峰「筒井康隆」に挑みます。すべてにおいて規格外のこの作家の魅力を、初公開の原稿ほか多彩な資料と、独創的な展示空間でお伝えします。
page top


Select Language