企画展

「京鹿子娘道成寺」白拍子花子 撮影:吉田千秋 ©松竹株式会社

六世 中村歌右衛門 展

ようこそ歌舞伎の国へ

2020年1月18日(土)~4月5日(日)

~「一つの時代は、時代を代表する俳優を持つべきである」 三島由紀夫「『六世中村歌右衛門』序説」~

わが国が世界に誇る総合芸術にしてエンターテインメントである歌舞伎。
400年間にわたって芸を継承し、様式美を追究する一方で、戦略的に他ジャンルとのコラボレーションや最先端のテクノロジーも取り入れながら時代に合わせた進化を続け、活況を呈しています。
世田谷・岡本の地を終の棲家とした人間国宝、六代目・中村歌右衛門(1917~2001)は、その艶麗で品格ある芸風で、日本のみならず世界も魅了しました。三島由紀夫が「時代を代表する俳優」と絶賛したとおり、年齢に応じて「まことの花」を咲かせながら、昭和から平成にかけて歌舞伎界を名実共に牽引していきます。
本展では「京鹿子娘道成寺」「隅田川」「伽羅先代萩」「助六由縁江戸桜」など、当たり役と言われた名作とともにその役作りを紹介、海外公演の足跡などもあわせて展観し、不世出の女形の人と芸に迫ります。
世界の眼が東京に注がれる2020年の幕開け、世田谷文学館は初めて日本の古典、伝統芸能の世界にチャレンジします。伝統に倣い、伝統を超えようとする役者たちの芸と精進、心の琴線を震わせる物語と情感あふれる音楽、きらびやかな衣装と舞台装置……。名優中村歌右衛門の生涯を通して、歌舞伎の国ニッポンの豊かな美と文化を見つめ直す機会としていただければ幸いです。