本と輪 この3冊永井均さん(哲学者)が選ぶ私を驚嘆させたSF短編3作

本と輪 この3冊

永井均さん(哲学者)が選ぶ

私を驚嘆させたSF短編3作

2021年6月18日

永井 均(哲学者)

1951年、東京都生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得。日本大学文理学部哲学科教授。自我論・倫理学などを専門分野とする。著書に『マンガは哲学する』、『これがニーチェだ』、『〈子ども〉のための哲学』など多数。2017-18年Web春秋にて「存在と意味 哲学探求2」を連載。

1
『おーい でてこーい』 星新一

これを読んだのは中一のときだった。突然現われた巨大な穴に大量の廃棄物を捨てていくと、ある日突然空からそれらが降ってくるというお話。今これを読み返せば、当時問題になり始めていた公害問題に対する風刺としか読めない。国語の試験ならそう解釈しなければ点がもらえないだろう。しかし、当時の私は、この話を宇宙の構造についての形而上学的洞察だと誤読した。そして私は、宇宙というものは何らかの意味で実際にこういうループ構造をしているにちがいないと感じたのだった。

2
「消去」 筒井俊隆 *『SFマガジンベストNo.2』(絶版)所収

これを読んだのは中二のとき。地球の人口が増えすぎて宇宙に移住するための船団を組んで出かけるのだが、生存できる適当な惑星が見つからず、最後に我々は脳の情報だけになって巨大なコンピュータとつながり、地球上の生活を続けているような夢を見続ける状態で生き残るようになる、というお話。その夢の中にいるのが現在のわれわれだ、というのが話のオチで、私はそれを真剣に受け取り、『おーい でてこーい』で提示されたループ構造の科学的説明だと受け取った。だから、このループは一回ではなく無限に繰り返されるはずだと思った。

3
「ぼくになることを」 グレッグ・イーガン *『祈りの海』所収

これを読んだのは十数年前。ストーリーを短く説明するのは難しいので、本質だけ語るなら、ここでは暗に私が存在するとは何が存在することなのかという問題が提起されている。もしこれを読まれるなら、ここで「私」と言われている特権的視点が(そちらの側だけが)特権的視点である根拠は何か、を考えていただきたい。そしてここから、先の二作よりもっと先鋭なループ構造がありうることを読み取っていただけたら…。

(出典)ブックリスト「本と輪 この3冊」vol.2 2018.3

SHAREこの記事をシェアする

だいたい金曜日の本

各分野でご活躍の皆さまに、世田谷文学館が用意したお題に対して、3冊の本を挙げていただきました。ロゴマークのデザインは、クラフト・エヴィング商會さんです。当館で不定期発行しているブックリスト「本と輪 この3冊」からのご紹介です。子ども向けの本から、洋書や哲学書まで、旅の本、食の本、写真集など幅広い分野から選んでいただきました。意外なテーマも出てきます。当館ライブラリー〈ほんとわ〉の雰囲気を、ホームページでも味わっていただければと思います。だいたい毎週金曜日に更新していきますので、どうぞお楽しみに。

※選書の入手について:書籍により、なかには現在入手が難しいものもあります。文庫版や古書、図書館などでも探してみてください。

hontowa ロゴマーク

角田光代(作家)

子どもの頃の思い出の本3冊

リンク

荒井良二(絵本作家)

大好きな外国の絵本3冊

リンク

土井章史(編集者)

長新太と出会う最初の3冊

リンク

君島佐和子(「料理通信」編集主幹)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

中山晴奈(フードデザイナー)

料理にまつわる座右の書3冊

リンク

鈴木芳雄(編集者・美術ジャーナリスト)

編集に唸る写真集3冊

リンク

平野太呂(写真家)

青春の写真集3冊

リンク

山崎まどか(文筆家)

「アメリカのハイスクール」をテーマに選ぶ写真集3冊

リンク

大橋歩(イラストレーター)

私の好きな絵本3冊

リンク

岡本仁(編集者)

信藤三雄さんはとっくに知っていた3冊

リンク

津田淳子(編集者)

造本・装丁がおもしろい本3冊

リンク

tupera tupera

貼り絵でつくられた絵本3冊

リンク

永井均(哲学者)

私を驚嘆させたSF短編3作

リンク

長谷川町蔵(著述家)

映画監督が書いた本3冊

リンク

朝吹真理子(小説家)

じっくり読みたい本3冊

リンク

佐藤文香(俳句作家)

おもしろい俳句の本3冊

リンク

須永朝彦(歌人)

美しき歌集3冊

リンク

嵐山光三郎(作家)

安西水丸の3冊

リンク

江國香織(作家、詩人、翻訳家)

安西水丸といえば、思い出す3冊

リンク

小山薫堂(放送作家、脚本家)

安西水丸 この3冊

リンク

柴門ふみ(漫画家、エッセイスト)

安西水丸といえば、思い出す3冊

リンク

南伸坊(イラストレーター、エッセイスト)

水丸さんの素晴しさがわかる3冊

リンク

綿矢りさ(小説家)

安西さん、この3冊

リンク