USERNAME

文学を体験する空間「世田谷文学館」


新着情報

2020.05.26

6月2日より一部開館いたします

世田谷文学館 一部開館のお知らせ
世田谷文学館は臨時休館(6月1日まで)をしておりましたが、東京都が示した社会経済活動再開の方針及び世田谷区の判断を受け、6月2日(火)より一部開館いたします。なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、下記のとおり、ご利用にあたっての制限を設けさせていただきました。皆さまにはたいそうご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
【ご来館にあたってのお願い】
当館では新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、換気を含めて衛生管理を徹底させ、会場運営を行います。お客さまにおかれましては、次のことへのご協力をお願いいたします。
・37.5°C以上の発熱のある方はご入館をお断りします(入館の際、検温させていただきます)
・以下に該当する方はご来館をお控えください。
●発熱、咳、咽頭痛等、風邪のような症状がある方。
●体調がすぐれない方。
●感染拡大している地域や国への渡航歴が14日以内にある方。
・ご入館の際、「連絡先記入シート」へのご記入をお願いいたします。
(感染症対策のため、お客さまの個人情報を必要に応じて保健所等の公的機関に提供する可能性があります)
・館内ではマスク(もしくはそれに代わるもの)をご着用ください。
・手指の消毒、手洗いにご協力ください。
・熱中症にご注意ください。(容器にフタのついた飲み物は展示室以外のスペースでお飲みいただけます)
・会場の三密を避けるため入場制限をさせていただく場合がございます。
・展示室内でのお連れ様同士の会話はお控えください。
・クロークサービスは休止いたします。大きなお荷物でのご入館はお控えください。(ベビーカー置き場はございます)
・お車でのご来館はご遠慮ください。(車いすご利用等、やむを得ない場合は事前にお問い合わせください)

【展覧会について】               
・写真展〈写真家・大竹英洋「ノースウッズを旅する」〉 6月2日から9月22日 1F文学サロン 入場無料
・企画展「安野モヨコ展ANNORMAL」7月1日から9月22日 2F展示室 チケットは日時指定前売券を販売予定
・コレクション展 「ムットーニのからくり文学館」7月7日から2021年3月31日 1F展示室 チケットは日時指定前売券を販売予定
※団体見学のお申込みについては電話にてご連絡ください。

【他の施設について】
ミュージアムショップ・講義室・ライブラリーは当面の間お休みさせていただきます。なお、喫茶どんぐりは、6月2日より再開いたします。(火曜日から金曜日のみ営業)

2020.05.24

展覧会会期変更のお知らせ

企画展「安野モヨコ展 ANNORMAL」については、会期を7月1日(水)~9月22日(祝・火)予定に変更させていただくこととなりました。
また、コレクション展「ムットーニのからくり文学館」についても、会期は7月7日(火)~2021年3月31日(水)予定となります。
それぞれ、日時指定前売券を販売します。

そのほかの企画展についても変更、延期を調整中です。決定次第、ホームページ、(www.setabun.or.jp)、Twitter(@setabun) 、掲示等でお知らせいたします。
皆さまにはたいそうご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2020.03.26

2019年度「どこでも文学館 報告書」の掲載

2019年度「どこでも文学館 報告書」を掲載しました。
こちらからご覧ください。

2020.03.25

「文芸せたがや」第35号の刊行

「文芸せたがや」第35号を刊行いたしました。

第35回 世田谷文学賞受賞作品集
第6回 世田谷区芸術アワード“飛翔”文学部門受賞作品

●世田谷文学賞
巻頭のことば 菅野昭正
選考委員紹介
入賞者 受賞のことば
応募状況
短歌部門受賞作品
俳句部門受賞作品
川柳部門受賞作品
詩部門受賞作品
随筆部門受賞作品

●世田谷区芸術アワード“飛翔”文学部門
熾野 優「光暈」
審査委員講評


2020年3月発行 編集・発行:世田谷文学館 仕様:A5判130ページ
600円(税込)

2020.03.12

世田谷区芸術アワード文学部門 受賞作品のご紹介

世田谷区芸術アワード“飛翔”文学部門の受賞作品が熾野優(おきの・ゆう)氏の「光暈(こううん)」に決定いたしました。
受賞作品はこちらをご覧ください。
尚、芸術アワード各部門受賞者の情報はこちらになります。

page top


Select Language